開業祝いを贈るタイミングについて

開業・あるいは開店というのはおめでたいことです。新しい第一歩の始まりに開業祝いを贈ることで一緒にお祝いしましょう。開業前後と言うのはとにかく忙しい時期です。無駄な労力を使わせないためにもマナーとルールを守ってお祝いの品は贈る必要があります。火事や赤字を想像させる赤いものやマッチ・キャンドルなどの火に関係するものはNGです。いろいろなものであふれかえっているときだからこそ、不用で邪魔になるもの・お世話が必要とされるようなものなどもやめましょう。贈る品物についてもですが、更に忙しさを増やさないためにも贈るタイミングというのも重要になってきます。相手のことを考えて、新しいスタートがスムーズに切れるように、少しでも手助けとなる開業祝いができたらいいですね。

お花を贈るのが一般的となっています

開業祝いの品として多いのがお花です。華やかな胡蝶蘭も人気ですが、その他にもブーケや観葉植物などお世話の必要がほとんどなく置いておくだけで、それなりに長い期間きれいな状態を保っていてくれる植物がおすすめです。お花の場合、開店・開業の前日か当日のオープン1時間ほど前に届くようにしておくと、開店したばかりの店舗で華やかさを演出することができ、おすすめです。前日や当日というととにかく忙しさがマックスのときでしょうから、相手に何時ごろ届くかをお知らせしておいた方がよいかもしれません。あえて、他の人が贈った花が枯れ始めるだろう開店の1週間後くらいに贈るのも、先方に強く印象付けられてよいかもしれません。開店してしばらくはお客様も多い時期だけに、華やかさ演出に一役買いたいものです。

お花以外の品物を贈る場合について

他のお祝いごとと違い、開業祝いの場合は目上の方にお金を贈るのも失礼に当たりません。何かと物が入り用な時期ですから、相手の希望を聞いて新オフィスで使えるような実用品をプレゼントするというのもいいでしょう。お花なら開業日にこそきれいな状態を保っていないといけないですが、お金や品ならそんなこともありません。そのため、開店日の1ヶ月から1週間前くらいを目処に送るようにしましょう。開店日にさっそくオフィスで活躍するような品なら開店日当日に届いても使うことはできません。まだ落ち着いている時期に包みが開けるようにしましょう。オープン記念パーティーの場で渡すのもいいですが、あまり大きな品だと邪魔になってしまうので、その場合にはお金を渡すのが無難でよいでしょう。

お花の品質、制作、梱包には細心の注意を払っておりますが、万が一「花枯れ」「花折れ」「商品破損」などの不備があった場合は、同等の商品をご用意し、再送させて頂きます。(*商品到着後2日以内が対象) 歓送迎会の花。あなたの用途に合わせたお花をご用意しています。 宅急便での発送にも、安心してご利用下さいませ。 開業祝いの贈り物ならこちら