開業祝いを贈る時の相場を知ろう

開業・開店・開院、いずれもおめでたいことですが、それとともに新しいステージに立って不安も大きなときです。そんな相手にお祝いの気持ちと励ましの気持ちを込めて開業祝いを贈りましょう。相手は大変なときですから、手を煩わせるようなものはいけません。気を使わせて悩みを更に多くするもの、新オフィスに不用でゴミになるようなものもいけません。相手の気持ちを考えながら、マナーを守って贈るものを選ぶようにしましょう。相手との関係性によってはとにかく応援したいと大きくて高価な品を贈りたい気持ちが起こることもあるでしょう。ただ分不相応なものが贈られてくることは返って迷惑になり相手としてはもてあますことになってしまうのです。立場に応じた開業祝いの相場を知ることも社会人として必要なことです。

それぞれの立場とその相場について

開業祝いを贈る相手となると、会社での取引先・友人知人・親や兄弟や親戚といった身内のいずれかでしょう。ただ単なる取引先なら1万から3万円程度でいいですが、重要な取引先ともなると3万から5万円と相場は上がります。友人知人についても知人なら5千円、親しい友人となると1万円程度を目安としましょう。身内関係は親や子供といった最も近しい相手には3万から5万円、兄弟姉妹の開業には2万から3万円、親戚はその付き合いの度合いに応じて1万から5万円程度を目安とします。日頃からそれほどの付き合いがない相手から高額なものが贈られてきても始末に困ります。付き合いの度合いによって金額を決定しましょう。付き合いの度合いによって、相場だけでなく贈る物の内容も違ってくるでしょう。

それぞれの立場と贈り物について

お祝いというと通常は目上の方に現金を渡すのは失礼に当たりタブーとされています。ただ開業祝いに関してはマナー違反ではありません。現金を包むのもよいでしょう。ただ、直接金額が分かる現金よりも花や品物で贈るのが一般的です。品物は好みや新オフィスのインテリアとの関係などもあり、本当に欲しいものを渡すのは大変です。その人の元を訪れることが多く好みや考え方を知っている場合、直接本人から欲しいものを聞ける立場にある場合に限り品物にした方が無難でしょう。必要ないものが開業の忙しい時期に送られてくるのは逆にマイナスイメージしか与えません。何個あってもそれほど邪魔にならず、新オフィスを華やかに彩ってくれるお花が無難でよいかもしれません。お世話の手間が必要ない種類のものを選ぶようにしましょう。